うおおお  って生きる

見たこと、聴いたこと、感じたこと、思ったこと。ストーリーよりインスピレーションで。

その生き様に信念はあるか。〜自分の気持ち素直になれば、不安も嫉妬も寂しさも力に変えられる〜

f:id:yukpurin:20180722162819j:image

 

「ありがとう」って言われるのがなにより嬉しい。

 

その時にやっと報われる気がする。

 

たとえ自分のせいじゃなくとも、

 

自分に関係なくとも

 

誰かが悲しんだり、傷ついたり、

 

怒ったりするのは苦しい。

 

頼みごとをされると断れない。

 

大事な人であればあるほど、

 

引き受けたくなる。

 

 

せっかく頼ってくれるなら力になりたいって

 

自分のことを放り出せる。

 

でも、それが”当たり前”のことのように

 

心無い態度をされると逆恨みにかわる。

 

なんとも扱いづらいものです。

 

弱さです。

 

尽くした分以上のありがとうの見返り”

 

がほしくて仕方ない。

 

誰かが悪いわけじゃない。

 

どう捉えるか、解釈の問題。

 

 

だからね、

 

そう思ってしまう人がいるってことだけ

 

ちょっと知っておいて欲しい。

 

 

 

あなたのそばに誰かがいるのは当たり前じゃない。

 

いつまでも居続けてくれるわけじゃない。

 

だから、今を大切にしないと後悔する。

 

離れてからじゃ遅いんだ。

 

二度となんていう絶対はないから。

 

でも、

 

コブクロのmillion filmsという曲の歌詞も好き。

 

ぶつかり合う度また心が 破れたりほつれたりするのは
もう一度新しい結び目を作るためさ
そこに涙がしみ込んだなら もう二度とほどける事の無い
強さを持った 絆に変わるだろう

 

矛盾。

 

人間なんだなあ、、、

 

 

 

大切にするって難しい。

 

やらなきゃいけないことたくさんあるし。

 

 

感じることなんだと思います。

 

心を裸にする。

 

鎧なんてつけないで、素直になる。

 

沸き起こる喜怒哀楽の感情。

 

不安、恐怖、憎しみ、嫉妬すらも

 

許してあげること。

 

認めてあげること。

 

人間だもの。

 

そんなん当たり前の感情だし、

 

それを否定してはいつまでたっても

 

同じところで止まってるだけ。

 

うまく付き合っていけばいい。

 

その感情を

 

ブレーキにするんじゃなくて

 

エネルギーに変える術を身につければいい。

 

 

人を信じることを恐れては

 

裏切られることを恐れては

 

傷つくことを恐れては

 

いつまでたっても孤独だ。

 

 

愛されたければ愛せよ。

 

 

前にも同じ記事書いてたなあ。

 

 

寂しかった。

 

馬鹿にされてるようで、

 

見下されてるようで

 

虚しくなった。

 

 

 

泣きたい時に泣けばいい

 

無理しすぎて溜め込んでも

 

現状はあんまり変わんない。

 

だから、

 

落ち込みたい分だけ思いっきり落ち込んで

 

そこかろ這い上がってこう。

 

這い上がるの意外と楽しいし。

 

 

過ぎ去った過去は変えることはできないのに、

 

未来は淡々とやってくるわけで。

 

この世には素敵な人が沢山いる。

 

まだ出会ってないだけ。

 

実際、知り合い程度の人ですら

 

本当のその人に触れてないことの方が

 

圧倒的に多い。

 

 

 

馬鹿正直に生きてこう。

 

何度傷ついたっていいや。

 

落ち込んだらまた登ればいいし、

 

そのたんびに人の優しさあったかさを

 

感じることができるから。

 

 

傷ついた分だけ、優しくなれる。

 

岡本真夜さんの「TONORROW」

 

という曲の有名なフレーズ。

 

“涙の数だけ強くなれるよ"

 

 

そういうことだったのね。

 

また忘れてた。

 

大切なことって忘れてしまう。

 

その生き様に信念はあるか。

 

 

 

人間不信。

 

誰もわかってくれない。

 

自分は孤独だって嘆きたくなる。

 

でも、私はきっと誰かを120%理解できない。

 

きっと思い込みや希望、押し付けになる。

 

そうじゃなくて、受け入れること。

 

その人が行きたいとこに行けばいい。

 

それを心から応援できたら

 

また一回り大きくなれるかな。

 

 

私の人生には、いつも音楽があった。